ブレイクダンス教室と言えばフェイス!初心者大歓迎です。

更新日:2018/10/10

スタジオ・フェイス、ブレイクダンス教室の情報は最下部にございます。

ブレイクダンス初心者へ向けたレッスンの説明。

 「トップロック」

ブレイクダンス教室で初心者がまず学ぶのはトップロック!

ブレイクダンスが上手くなるために押さえるべき4つの要素のうちの1つ目、それはトップロックです。
この要素は、簡単に言えばBreakin’(ブレイキング/ブレイクダンス)の中で立って踊るパートの事を指します。
昔はエントリーという呼び方をする人もおりました。

「フットワーク」

ブレイクダンスが上手くなるために押さえるべき4つの要素のうちの2つ目、フットワークです。

まずは、6歩のフットワーク
最初に学ぶべきステップは、フロアームーヴの基本、6歩のフットワークです。
このステップは最もメジャーなフットワークであり、必ず習得すべき基礎と言っていいでしょう。

「チェアーフリーズ」

ブレイクダンスを上手くなるために押さえるべき4つの要素のうちの3つ目、フリーズの講座です。

本来フリーズは踊りの順番で言えば最後の段階ですが、パワームーヴの解説の前に説明をしておいたほうがいい内容なので、あえて先に解説をいたします。

簡単に言うとフリーズとは決めのポーズの事です。

BREAKIN’(ブレイキン/ブレイクダンス)では、どんな時も踊りの最後にこの決めのポーズ=フリーズをするのが決まりになっております。
フリーズとは英語で「凍る」の意味で、銃を人に向けて「止まれ」という時も「フリーズ!」と言います。

「パワームーブ」

ブレイクダンスを上手くなるために押さえるべき4つの要素のうちの4つ目、パワームーヴです。

パワームーヴとはスピンを中心とした、BREAKIN’(ブレイクダンス)の技の事です。
その技の中でも最も習得しやすいスピン技がハンドグライドです。

片手で体を支え、その手を軸に逆の手で地面を押すようにこいで回る技です。

理屈が大変シンプルなので、他の技より習得が容易です。
また、ブレイクダンスの他のパワームーヴに必要な筋力やバランス感覚を養うのにもつながるので、大変有効な技だと考えます。

スタジオ・フェイスでのブレイクダンス教室は

初心者の方でも上手くなれるように、それぞれのレベルに合った指導を行っております。

スタジオフェイスでは小学生から、社会人まで様々な年齢の方がレッスンを受講されております。
ダンス初めての方、今から出来るかなと疑心暗鬼の30代40代またはそれ以上の方も歓迎です。
まずは、レッスンを体験してみてください。
皆で一緒にダンスの楽しさを共有しましょう!!

解説 スタジオ・フェイス代表 宮田健男


 

ブレイクダンス教室と言えばスタジオフェイス!!

■スタジオ・フェイスのBREAKIN’(ブレイクダンス)レッスン

体験レッスンのお申込み、お問い合わせはこちら!

 

●赤坂校(東京都港区)

赤坂校のブレイクダンス講師はこちら

●浦安校(千葉県浦安市)

浦安校のブレイクダンス講師はこちら

●飯田校(長野県飯田市)

飯田校のブレイクダンス講師はこちら

Copyright(c) 1996-2013 Studio Faith All Rights Reserved.